帰国生受験対策

image

帰国生受験対策

小学生 受験コース( 50分間授業 )
142ドル〜/月
中学生 受験コース( 50分間授業 )
147ドル〜/月
高校生 受験コース( 50分間授業 )
165ドル〜/月

ベストゼミナールでは、帰国生入試対策、編入試験対策を行っています。
自立学習、学習メニューのつくり方、勉強の方法、また、直前対策として過去問対策等の十分な受験対策を行っていきます。 帰国生入試は、海外にいるお子様にとってはチャンスになります。一般入試では難易度が高い学校でも、帰国生入試ですと比較的容易に入れます。また、英語が得意なお子様の場合、頌栄女子や洗足学園の英語一教科入試や、渋谷教育学園渋谷、渋谷教育学園幕張、広尾学園のように英語力を重要視する学校もあります。英語力の高い子供は、帰国生入試において有利になる場合が多いので、英語力を最大の武器として日本の受験にとりくんでいきましょう。また、できるだけ英検を取得して、お子様の英語能力を見える形にして提示できるようにしておくことも重要です。

帰国子女入試と編入試験について、学校側の観点の違いをご説明しておきます。
帰国子女入試の場合
・受験科目が少ないため、教科が絞りやすい
・英語能力を評価する学校が多い
・基本的に、教科書の範囲から出題する学校が多い
(算数については、一般受験では特殊算を用いて解く出題が多いのに対して、帰国生入試の場合は少ない傾向にあります。また、帰国子女入試は、受験生のポテンシャルを見る傾向にありますので、高い英語力は大きなアピールポイントになります)

編入試験の場合
・主要科目である、英語、国語、算数の3科目の試験を行う場合が多い
・進学校の場合、先取りをしている為学年によっては半年から1学年先の教科書の範囲が出題されるケースも多くある
(編入学後、学校の授業についていけるかどうかという観点です)

帰国生受験の場合、各校によってかなり考え方が異なります。
・英語力を重要視する学校
面接の考え方・英語、国語、算数(数学)の基礎レベルを見る学校・基本的な国語力だが、記述式が多い学校
いずれにしても、お子様にあった候補校をできるだけ早く決めて受験準備することをおすすめします。各校独自の入試方法は非常に複雑ですので、小さなことでもかまいませんのでお気軽にご相談ください。
まずは1か月無料のオンラインレッスンを体験してみてください。

もっと詳しく

PRICE

学年 授業時間 週1回(月4回) 週2回(月8回) 週3回(月12回)
小学生 受験コース 50分 $142 $275 $385
中学生 受験コース 50分 $147 $280 $400
高校生 受験コース 50分 $165 $305 $425
90分受験 90分 $245 $470 $670

表示料金は米ドル(USD)です。(USドル以外の通貨はこちら)
中学生以上で生徒の受講レベルが小学生レベルの場合は小学生料金を適用します。
毎授業後、保護者の方にメールで授業報告をいたします。
授業料金は輸出扱いになるため、消費税(Sales Tax)はかかりません。

icon

入会金0円

入会金はありません。

icon

月謝制

最低契約期間はありません。
月毎であれば、
いつでも退会できます。

icon

兄弟割引

ご兄弟割引きで
みなさまの授業料が
ずっと5%割引になります。

icon

ご兄弟同時入会割引

お二人目の、
初月50ドル割引
なります。

作文指導

image

作文指導

作文指導( 50分間授業× 4回 )
147ドル〜/月

作文を楽しく書くために「作文の書き方がわからない」「作文が嫌い」と思っているお子様は多いでしょう。それでもとにかく、まずは書いてみることが大事です。
何を書いていいか分からない、書くテーマが見つからないと思うかもしれません。でも、生活のなかにはたくさんの書く材料が転がっています。たとえば、好きなアニメのこと、アイドルのこと、熱中しているスポーツのこと、楽器演奏のこと、ハマっているゲー ムのことでもかまいません。ベストゼミナールでは、今、お子様がいちばん興味をもっていることをテーマに作文練習をしていきます。

ポイント1:材料集め
作文には書くための材料収集が必要です。料理を作るときに肉や野菜などの材料を用意しますが、作文もまったく同じです。作文指導をする際は、材料集めのためのディスカッションを大切にします。
・お話をしながら「私は何が書きたいのか」を探す
・ディスカッションのなかからキーワードを見つける
・たとえば「楽器」「フルート」「クラブ活動」「仲間」「友情」「大会」…といったいくつかのキーワードを元
 に作文を書いてみる

ポイント2:短文トレーニング
先ずはウォーミングアップとして、短い作文を書く練習をします。
・一文で「私はバイオリンを弾くのが好きです」
・次に二文で「私の趣味はバイオリンです」「今年で1年になります」
・そして三文で「私はバイオリンを習っています」 「小学校3年生から始めたので1年間になります」 
 「将来はバイオリニストになりたいです」
このように短文で文章をつなぐ練習をしていきます。文章は長く書く必要はありません。はじめはできるだけ短い文で書く訓練をしましょう。

ポイント3:モチベーションを上げる
なぜ書かなければならないのか、という動機付けのためにも、作文はだれかに見せるために書くものということを常に意識することが大切です。作文指導では、講師が添削するだけにとどまらず、たとえば、おじいさん、おばあさん、おじさん、おばさんなどへの手紙という形で作文を書き、完成した手紙を実際に相手に郵送する場合もあります。読む相手を想像しながら書くことで作文の上達につながります。


ポイント4:さまざまな書き方を覚える
手紙のほかにも、新聞記者になった気分で書く(取材記事)、大好きな歌手の新曲のレビューを書く(批評)など、いろいろなスタイルの作文練習をします。
本来作文は、数学の数式のように決めることはできません。最低限のきまりはありますが、それを破ったからといってまちがいともいえないのです。たとえば、常体(…だ。…である。)文と敬体(…です。…ます。)文が混合してはいけないという規則はありますが、必ずしも禁止されているわけではありません。つまり、表現方法のひとつ、個性として認める場合があるのです。ですから、細かいルールは考えずに、まずは好きなように書いてみましょう。とにかく鉛筆をもって机の前に座ること。それが大事です。

ポイント5:リライトをする
受験生にとって、書いた作文を必ずリライトまですることは大事です。
ベストゼミナールでは、講師が作文を見ながら、良い点、単語や言葉遣い等訂正すべき点、誤字脱字をお子様と一緒に添削していきます。
添削された作文はそのままにせず、必ずリライトするようにしてください。添削後の作文をそのまま写すだけでもいいので、お子様自身で正しい文を書くことが進歩につながります。

もっと詳しく

PRICE

学年 授業時間 週1回(月4回) 週2回(月8回) 週3回(月12回)
小学生 50分 $147 $280 $396
中学生 50分 $147 $280 $396
高校生 50分 $160 $300 $420

表示料金は米ドル(USD)です。(USドル以外の通貨はこちら)
中学生以上で生徒の受講レベルが小学生レベルの場合は小学生料金を適用します。
毎授業後、保護者の方にメールで授業報告をいたします。
授業料金は輸出扱いになるため、消費税(Sales Tax)はかかりません。

icon

入会金0円

入会金はありません。

icon

月謝制

最低契約期間はありません。
月毎であれば、
いつでも退会できます。

icon

兄弟割引

ご兄弟割引きで
みなさまの授業料が
ずっと5%割引になります。

icon

ご兄弟同時入会割引

お二人目の、
初月50ドル割引
なります。