学校紹介School Information

学校紹介:大妻中野中学校

Interview

帰国生に期待される事は何ですか?

当校は「国際性」を教育の柱の一つにしています。 中学生、高校生にとって、外国というのは、「遠いところ」又は「自分と直接関係ないところ」というイメージを持っているのが、一般的ではないでしょうか。それが、教室の中で何人も海外の特異な環境を経験してきたクラスメイトがいるという事は、生徒たちの気持ちの中での外国との距離を縮める事になります。帰国生の生徒は身近な「国際性」という意味で他の生徒のよい刺激になっていると思います。

帰国生が入学後苦労する事はありますか?

やはり国語と数学が苦労する場合が多いようです。特に国語の読解力がない生徒は、国語だけでなく、社会や理科などでもつまづく事が多いようです。逆に読解力があれば、海外で数年抜けていても、なんとか追いつきます。
当校の場合、 数学については、中学1、2年で帰国生の取り出し授業を行っており、10人ぐらいの少人数で授業をしています。その他の科目は、必要に応じて課外で補習をしていて、、だいたい中学3年生くらいまでには、他の生徒に追いつくと思います。

現地にいる間にやっておいた方がよい、というアドバイスはありますか?

数学は出来るだけ計算をこなしてしてほしいです。計算力を高める為には、ドリル学習等が効果的だと思います。
それと、先ほども話しましたが、国語です。日本語の本を読む事が効果的だと思います。読解力があるか、ないかは国語だけではなく、全ての科目で影響してきますから。

英語学習についてはどのようにされていますか?

現在ネイテイブの教員が4名おり、帰国生だけの少人数クラスを設置しています。

Entrance Examinations
  • 国語
  • 算数
  • 英語:読解問題(英検3級程度)
  • 英語面接
  • 面接(日本語):参考程度
Basic Data

学校名 大妻中野中学校
所在地 東京都中野区
帰国生受入開始 2002年から
ホームページ http://www.otsumanakano.ac.jp/kikoku/

無料体験レッスン受付中

ベストゼミナールでは、安心して受講していただくために、実際の授業を1ヶ月間無料で体験していただけます。