学校紹介School Information

学校紹介:立教池袋中学校

Interview

今回は教頭先生自らお話しをお伺いしました。

帰国生の入学後どのような形で補習をするのですか?

我校の場合、補習という事では、3種類の方法をとっています。
一つは選科というシステムです。
1年間に2科を生徒自身が選択できるようになっています。その中で、国語、数学が遅れている生徒は国語、数学を選科として取って、補習するシステムです。
二つ目は、夏休み中の補習で、立教大学の学生が教育実習という形で、英、数の補習をやっています。
三つ目はピュアサポートというシステムがあり、当校高校生が中学生に個別指導をしています。
入試で基礎学力は見ているので、このシステムで付いていけなくなる生徒はほとんどいません。 だいたい、高校に行くまでには帰国生の場合、学力的に中の上くらいにいる場合が多いです。もちろん、個人差はあり、なかには成績の上らない生徒はいますが、それは一般生も同じです。

進学など進路指導について聞かせて下さい

進学自体は立教大学には全員進学できます。但し、進学後の学部選択は中学、高校の成績によって決まります。高校時代の評価、卒論が悪いと、大学の学部への選択が狭められます。この評価は学業、文化、部活、検定等を点数制にしており、総合的に評価しています。評価が悪ければ、進級できない事もあります。

Entrance Examinations
  • 国語:問題形式&作文(500字)
  • 算数
  • 面接:個人面接(日本語)約7分間 英語面接(グループ)約7分間
Basic Data

学校名 立教池袋中学校
所在地 東京都豊島区
帰国生受入開始 1987年から
ホームページ http://ikebukuro.rikkyo.ac.jp/

無料体験レッスン受付中

ベストゼミナールでは、安心して受講していただくために、実際の授業を1ヶ月間無料で体験していただけます。