各コース紹介Guidance

ホームコース紹介各コース紹介

各コース紹介

読み書きをしっかり習得

海外にお住まいで、お子様をお持ちの方で気がかりの一つは、お子様の日本語力ではないかと思います。
特に小学校以降、日本語の読み書きの習得については、国語教育を受けている日本のお子さんと大きな差がでてきてしまいます。 また、家庭など限られた環境の中での日本語の保持だと、多様な語彙の使い分けや、漢字の習得が難しいという傾向にあります。
通常、5、6歳くらいまでに自然に習得した言語が母語になります。母語の特徴は、第2言語として身につけた言語とは違い、文法を自然な感覚として脳が認識していることです。 その後12歳くらいになるまでの間に、語彙の使い分けや、読み書きの習得をして、母語をブラシアップしていき、言語としての完成期を迎えます。 このブラシアップが日本にいる場合、小学校の国語教育になります。
ベストゼミナールではお子様の年齢や学年に関係なく、一人ひとりのお子様に合わせた、国語教育をしています。 日本の国語教育と同等の授業をマンツーマンで行い、小学校で習得するレベルの読み書き、漢字を習得して下さい。
海外で育ったお子様にとって母語を2つ持つバイリンガルは、特殊能力であり、将来の可能性を広げるものです。

授業料はこちら

日本が苦手な方、ゼロから習いたい方

ベストゼミナールでは、日本語教師の資格を持った先生又は、420時間の日本語教師養成講座を修了した先生がお子様の日本語を教えていきます。
第2言語として日本語を学ぶ人にとって日本語の文法は段階的に習う必要があります。
日本人が、なにげなく使っている言葉でも、初めて習う人にはそれぞれ難易度が違います。

  • 私は夕食を食べます。   ます形
  • 私は夕食を食べています。 て形
  • 私は夕食を食べる     普通体

日本人にとってはなんでもない表現方法でも、第2言語として習得する人にとっては、日本語は動詞の変化に複雑なルールがあります。 それをステップByステップで習得する必要があります。 その為の専門知識を持った先生が適正な教材を使って日本語を教えることが大切です。
Best Seminarではお子様にあった、教材として下記のものを使用しています。

授業料はこちら

6歳未満のお子様

4歳以下のお子さんについては、お母様が日本人の場合、一緒に生活するうえで、自然に日本語を身につけて、どちらかというと英語よりも日本語の方が話す機会が多いと思います。
5歳を過ぎた頃から、お母さんと過ごす時間がだんだん減ってきて、幼稚園や小学校での友達や先生の影響を受けるため、少しづつ英語が多くなってくる頃かと思います。
その頃のお子さんに大事なのは、日本語を話す「理由付け」です。その頃のお子さんは、大人と比べると非常に高い言語習得能力を持っています。 但し、それは「興味がある」又は「必要がある」など、お子さんの中で言語を使う為の理由がしっかりできている場合です。
どのようにしたら、お子さんの中での日本語を話す理由付けができるようになるでしょうか。
一番大きいことは家庭環境です。
例えば、お母様が日本語を話し、お父様が英語を話すなど、ルールを決めておく事。 いわゆる、One person One language を家の中で決めておく事は、小さいお子さんにとっては、それぞれの言語を使い、習得する理由付けになります。
ベストゼミナールでは、5歳以上のお子様から日本語教育の授業を行っています。
毎週決まった時間に、ご家族以外の、日本の先生と日本語の勉強する事によって、日本語をお子様の自然なライフスタイルの一つにして、少しづつ読み書きを習得してみて下さい。

授業料はこちら

日本語試験対策

せっかく習得した日本語ですから、そのメリットを100%いかしましょう。
ベストゼミナールでは、アメリカの大学入学の評価の対象となるSAT(Japanese)、AP Japanese の試験対策を行っています。
また、全世界的に評価される日本語能力試験(JLPT)の指導も行っています。
日本語ができるというだけでは、評価の対象にならない場合が多くあります。
資格所持という形にしてお子様の一生の財産にしてください。

授業料はこちら

帰国生受験対策

海外で長く暮らしてきたお子様にとって、帰国生の受け入れをしている私立中学校、高等学校の絶対的なメリットは次の2つです。

  • 1:教員数が多いこと
  • 2:同じように海外で生活してきた生徒が多くいること。

この二つのことが、いろいろな面で、帰国生にとってはよい環境を生んでいます。

1.帰国生にとって優しい雰囲気
特に帰国生に人気のある学校では、帰国生に優しい雰囲気、環境作りを整えています。
例えば、成蹊中学校の場合、国際学級を設置しており、その目的は、単に補習がしやすいということだけではなく、「わからない」と言える教室の雰囲気作りが理由の一つです。
「一般のクラスに帰国生を入れてしまうと、『それ、わからないです』って言えないんです。だから、国際学級を作り、ワイワイガヤガヤのクラスを作ったんです。そのワイワイガヤガヤの雰囲気の中だから、『そこがわからない』という事が言えるわけです。雰囲気を作ることは大事ですよ。」(成蹊中学先生)
又、桐朋女子学園の場合、帰国生に対しては年2回の編入がある為、帰国生の比率が高く外国から帰国された生徒が特別だという雰囲気は全くないといいます。
他にも帰国生の人気校では帰国生の割合が多いため、特別扱いされず、クラスに自然に溶け込むというメリットがあります。

2.一人ひとりの生徒へのフォロー
特に、人気校では国語、数学などの補習授業が充実しています。
例えば、啓明学園では、帰国生一人ひとりに対して個別指導を行い、マンツーマンの補習を行っています。
また、桐朋女子では、国語、数学については帰国生一人ひとりに対して、個別カルテのようなものを作り、一人ひとりに個別の対応をしています。
成蹊中学、東京女学院では、年4回個別の面談をしており、一人ひとりの学力把握とフォローをきちんと行っています。
ここまでのケアは、教員の数からしても公立中学では、難しい事だと思います。(公立校でも教育委員会の指定校は、専門員が補習相談などを備えている学校もあります)

3.ハイレベルな英語教育
多くの帰国生の受け入れ校では、帰国生の能力である英語力を高めようと帰国生だけの少人数の英語のクラスを作り、ネイテイブの先生によるハイレベルな授業を行っています。
●東京学芸大学国際教育中等学校や、渋谷教育学園渋谷、東京女子学院などでは、ランゲージアート(学芸大学の場合LearningEnglish)という、アメリカの中学、高校で行う英語の授業と同じ授業を行っています。
●多読を奨励しているのが、歐友学園、学習院中等科などです。
●英語の授業数が多いのも、受け入れ校の特徴で、東京女学院は週8時間を英語に費やしており、公立中学の5時間/週とは大きく異なります。
それと、帰国生の受け入れをしている学校のほとんどは、有名進学校です。進学を希望されている方にとって、周りの雰囲気も大きなブラスになることが多いのです。
帰国生受験の場合、各校考え方が異なり、それぞれ独自の入試方法が異なる場合があります。
英語力を重要視する学校
面接の考え方
英語、国語、算数(数学)の基礎レベルを見る学校
基本的な国語力だが、記述式が多い学校
お子様にあった候補校を早めにきめて、受験対策をするようにしてください。
ベストゼミナールでは、受験対策はもちろん、個別の学校の入試調査から行っています。
お気軽にご相談下さい。

合格実績はこちら 授業料はこちら

教科書に沿った学習指導

幼い頃に両親の転勤などで海外の生活をされたお子さんは、認知力が高いと言われます。
個人差はありますが、幼い頃にまったく触れたことがない外国語の教室に飛び込み、その中で授業を受け、それを理解するということは子供にとっては大変なことです。 その中で子供たちは多くの苦労を経験し、それを乗り越えてきました。
子供たちは、そういう状況の中でなんとか授業を理解して大人とは比べものにならないほどの速さで言語を身につけていきます。
そのような大変な環境で育ってきたお子様だからこそ、集中力が磨かれ、認知力が高くなると考えられています。
しかし、日本への帰国のときに海外に行ったときと同じように、環境の変化に適用しなくてはなりません。 アメリカに行ったときよりも、帰ったときの方が大変とも言われています。 それは、年齢が上がっているために、学習内容が高等化していることや、友達付き合い、国語力、漢字力又は日本的な知識を補われなければならないためです。
近くに補習校が無い、又は、お子さんに合わせた学習指導が必要と考えている方は、日本に帰ったときの準備のため、ベストゼミナールのマンツーマン授業を受けてみてください。
海外で生活してきた子供たちがもっている、論理的な考え方や素直さは、それぞれの子供たちの大切な宝物になるはずです。 そして、きっと将来、日本と世界の架け橋になっていくことでしょう。

授業料はこちら

作文指導

作文を楽しく書くために
「作文の書きかたが分からない」「作文なんて大嫌い」 と思っている人は多いでしょう。
先生も最初はそうでした。
とにかく、書きましょう。
だけど、何を書いていいか分からない。書くテーマが見つからない。そう考えたことはありませんか。
でも、あなたのまわりにはたくさんの書く「材料」が転がっています。
たとえば、好きなアニメのこと、アイドルのこと、熱中しているスポーツのこと、楽器演奏のこと、ハマっているゲー ムのことだっていいんです。
ベストゼミナールでは、あなたが今、一番興味を持っていることをテーマに作文練習をしていきます。

ポイント1:材料集め
作文には、先ず、書くための材料収集が必要です。料理を作るときにも、お肉、野菜などの材料を用意しますが、作文もまったく同じなのです。
当教室では、この材料集めのためのディスカッションを大切にします。
「私は何が書きたいのか」を、お話をしながら探して行きます。
●そうして、お話の中からキーワードを出していきます。
●たとえば、「楽器」「フルート」「クラブ活動」「仲間」「友情」「大会」…というようなキーワードを元に作文を書いて行きます。

ポイント2:短文トレーニング
先ずはウオーミングアップとして、短い作文を書いていきます。
●一文で、
「私はバイオリンを弾くのが好きです」
次には二文で、
「私の趣味はバイオリンです」
「今年で1年になります」
そして三文で。
「私はバイオリンを習っています」
「小学校3年生から始めたので1年間になります」
「将来はバイオリニストになりたいです」
という具合に「短文」で文章をつないでいく練習をしていきます。
文章は「長く書く必要はありません」。先ずは、なるべく、短い文で書いていく訓練をしましょう。
ポイント3:モチベーションを上げる(なぜ、書かなければならないのか、という動機付けアップ)
自分の作文はだれかに見せるために書くものです。常にそれを意識して書きましょう。
「とはいっても、先生に見せるだけだからなあ」と思ってはいけません。
当教室では、たとえば、おじいさん、おばあさん、おじさん、おばさんなどに「手紙」という作文を書くこともします。そして、完成した手紙は実際に相手に郵送する場合があります。
あなたの作文は先生が読むだけではないのです。
ポイント4:さまざまな作文をおぼえる(作文が上達してきたら)
「手紙」のほかに、新聞記者になった気分で「取材」をして書く、また、大好きな歌手の新曲の「レビュー文」(批評)
を書く、など、さまざまなスタイルの作文もおぼえていきます。
とまあ、いろいろ書きましたが。本来、作文は、数学の数式のように決めることはできません。
決りはありますが、それを破ったからと言って間違いとも言えないのです。たとえば、常体(…だ。…である。)文と、敬体(…です。…ます。)文が混合してはいけないという規則がありますが、今では、必ずしも禁止されているわけではありません。つまり表現方法の一つ(個性)として認める場合があるのです。
ですから、細かいルールなど考えずに、好きなように書いてみましょう。
とにかく、エンピツを持って机の前に座ること。これが大事です。

授業料はこちら

無料体験レッスン受付中

ベストゼミナールでは、安心して受講していただくために、実際の授業を1ヶ月間無料で体験していただけます。